ドイツは大学が無料!

日本では最近、奨学金のローンの問題が話題になっています。

奨学金を借りて、大学まで行ったけれど、
仕事が見つからず返済できなかったり、非正規雇用で自分の生活だけで手一杯の人も多くいるようです。

そんな日本の事情とまるで反対なのがドイツです。

ドイツの大学へ留学していて一番驚いたのは、
ドイツの大学の授業料が無料だということです。

しかも、学生は様々な優遇があります。

私が留学していた大学では、学生は市内のバスが無料でした。

その他にも電車の割引もありました。

さらに、学生は6万円程度の奨学金をもらっています。

学費が無料なので、多少アルバイトをすれば大学へ通い生活ができます。

このシステムを利用して、ずっと大学に居続ける人もいたため、
現在では奨学金がもらえる年齢制限がありますが、若者はもちろんもらえます。

授業料が無料なのは、ドイツ人だけでなく留学生も同じです。

そのため、アメリカなど現在、学費が高騰している国からの留学生が増えています。

また、EU圏内では、自国の学費相当分を支払えば留学ができます。

そのため、ドイツ人は他の国へ留学しても、学費は無料です。

このシステムはとてもいいなと感じました。

費用に関しても、きちんと計算されていて留学生が半数弱程度自国に残って働いてくれれば5年くらいでもとがとれるそうです。

日本人の私たちからしたら、とてもうらやましいシステムですね。