ドイツ人の足!留学に行って知った自転車事情。

留学に行って知ったことですが、
ドイツでは自転車を乗っている人が多いです。

環境に配慮しているためで、歩道にも自転車の専用レーンがあります。

街中は、景観や環境に配慮していて、一般の車が入れない場所も多くあり、そのためどうしても自転車に乗る人が増えるようです。

そんな事情から、ドイツに行って真っ先に自転車がほしくなって探したのですが、
街の自転車屋さんの自転車はとにかく値段が高いんです!

日本だったら量販店で1万円くらいで買えるイメージですが、
ドイツでは普通に6~7万円して、それでも安い方です。

もちろん、ドイツの製品なので丈夫さが違います。

基本的に、使って壊れたら捨てるという意識がないので、長持ちするように作られています。

でも、さすがにその金額は手がとどきませんでした。

安く買う方法としては、
中古の自転車がいいようです。

留学先の語学学校には、
中古の自転車を整備して販売する学生たちが運営するグループもありました。

その中古の自転車でも1~2万円はします。

結局私は、語学学校まで15分程度でバスがあったので、自転車は買いませんでしたが、
長く居る人は行動範囲が広がるので自転車があると便利ですね。

英語学習の為に留学しているのに、そんな高額な自転車を買っちゃダメだと言い聞かせていましたが、
便利さや、程よい運動、趣味の一環として自転車は良いのかも知れません。