留学に行って知った事実。ドイツの駅には改札がない!?

私がドイツへ留学に行った際知ったことですが、
ドイツでは駅に改札というものが存在しないんです。

切符は買いますが、それをチェックする改札はありません。

改札がなければただ乗りする人が多そうですが、ただ乗りする人はほとんどいません。

改札のかわりに、たまに切符をチェックする人が電車に乗ってきます。

そのチェックの時に、切符が無ければ通常の何十倍もの金額を払うことになりますし、みんなの前で怒られるのでめちゃくちゃ恥ずかしいです。

何度か、チェックの場に遭遇したことがあるのですが、ただ乗りしている人は一度も見ませんでした。

意外に、ちゃんとみんなお金を払っているんだなと感心しました。

改札を設けて、維持する費用を考えたら、ごくわずかなタダ乗りを見逃してしまっても経費的にはこちらのほうがいいのかもしれません。

日本で導入したら、ただ乗りする人が多そうですが…

ドイツ人はとても正直で、効率化を求める人が多いので、このようなシステムがあるのではないでしょうか。

留学に行くと、様々な驚きの文化や風習と遭遇します。
そういったことも含めて、語学留学の醍醐味なんじゃないかと思います。